今までありがとー!
【お知らせ】2007年6月20日

活動の場をこちらに移しました。


ぽこ温泉

http://pokoonsen.blog109.fc2.com/


(お手数おかけしますが、リンクしていただいてる方はリンク先の変更をお願いいたします。)

スポンサーサイト

カテゴリ / スポンサー広告
--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログろん(その5:コメントが欲しいの・・)

カテゴリ / ブログろん
2006–09–02 (Sat) 01:54
さて、今日はブログろんの5回目です。
前回の記事で、今日は前回のアクセスの種類を掘り下げるとか言ったんで、それ書こうと思ったら長いのなんの。
誰も読まねぇよこんなの。「この記事はキリンの首か。」みたいに言われそうなので、少しずつ書くことにしました。

 過去記事:ブログろん(その1:ブログって何)
 過去記事:ブログろん(その2:僕が読むブログの読み方)
 過去記事:ブログろん(その3:わたしを見て!)
 過去記事:ブログろん(その4:アクセスの向こう側)

 まとめ読みはこちら ⇒ カテゴリ「ブログろん」

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

アクセスの原因は前回5つ(1.常連さん 2.自分がコメントを書いた人 3.ブログを探してる人 4.検索で来た人 5.他のサイトの紹介を見て来た人。)のパターンかなぁなんて書きましたけど、今日はそのうちコメントとアクセスの関係について僕が思ったことです。

あ、僕の考察は普通の日記ブログを前提にしてるので、そうじゃない場合はまた違うところもあると思います。

最終的に常連さんが増えるというのは嬉しいことで、そこに至るまでにどういう過程を経るかということなんですけど、自分がコメントした人ってのは、かなりの確率で来てくれて、かつ、他のパターンと比べると常連さんになってくれる可能性が段違いに高い人たちだと思います。

まずブログを始めた頃は常連さんがいなくて当然ですから、そのために自分からコメントをつけたりして、気の合うブロガーを探したりします。

前回の記事で「ブロ☆はじ」を書かれてるブリさんから、

『本に「コメント残した人は例えは悪いが放火犯みたいに現場にやって来る」という本当に例えが悪いのがあって(でも納得)。』

というコメントをいただいて、本当に例えは悪いですけど(笑)
ただ、自分のブログにアクセスしてもらうためにコメントするというような見方をするといやらしいですけど、他の人に全く興味のない人が、自分にだけは興味を持ってアクセスしてもらい、さらにはコメントをもらおう、考えるのはムシのよい話で、やっぱり自然にコメントなりの交流があるべきだと思うんですよね。リアル社会でも一方的に自分の話だけをする人はそんなに好かれないと思うんですけど、それは全く一緒じゃないでしょうか。

自分がコメントした時点で、もう自分は相手のことに興味がある訳ですから、あとは相手が応えてくれれば両想い成立!ということで、他のアクセスと比べると、最も常連さんというか「気の会う友人」になる可能性が高いアクセスだと思うのです。

もちろん人気ブログで、必ずしも他の人のブログにコメントをしてない人も多いと思いますけど(特に超人気ブログになると、他のブログを簡単に廻れなくなるでしょうし)、それでも大体はその人なりに他の方との繋がり方を考えてて、全く他の人と繋がりを持たないまま書き続けるという例は少ないんじゃないかと思います。
あとは、そういう孤高のブログで人気があるというのは、凄まじい情報量であるとか、元々有名人であるとか、そこでしか見られないものを扱ってるとか、付加価値があってこそなり立つものじゃないでしょうか。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

今日は人気ブログ「純愛人妻日記」を書かれてる「ともこさん」の裏ブログ?「ともこが言ってることとか」で書かれてた記事が興味深かったのでご紹介。

「読まれている実感があればアクセスは1日1桁でもいい」

やっぱり自分の目的とアクセスがマッチングできてることが一番大事のようです。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

そうそう、僕ね、「ブロガーがコメントを欲しがる性質はSMと密接な関係がある」というスーパー理論を思いついちゃったんですよ。ぷっ。あっはは。あ、いやごめんなさい。もう思い出すだけで可笑しくて。駄目ですよ他の人に言ったら。まだ完成してないんですから。もう世間はクリビツテンギョウですよ。

この話はまた。

次回は、ブログを探してる人のアクセスとか、ランキングの話とか。


スポンサーサイト

« 閑話休題(RSS更新告知機能!) | HOME |  昨日の補足とS×M四方性理論 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://pokoda.blog71.fc2.com/tb.php/58-9dcab79d

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

最近の記事とコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク集

RSSフィード

トラックワード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。