今までありがとー!
【お知らせ】2007年6月20日

活動の場をこちらに移しました。


ぽこ温泉

http://pokoonsen.blog109.fc2.com/


(お手数おかけしますが、リンクしていただいてる方はリンク先の変更をお願いいたします。)

スポンサーサイト

カテゴリ / スポンサー広告
--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mixiやってるよ

カテゴリ / mixiとブログ
2006–07–13 (Thu) 01:11
追記:「裏mixi(裏ミクシィ)へのメッセージ」はこちら


mixiやってます。
知らない方はこんなのです → mixi(『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

実は、mixi、偵察のために入ったのですよ。偵察。あはは。忍者みたいでしょ。

2月に批評価屋(オススメの達人の旧名)を立ち上げて、1ヶ月ぐらいして、もう少し利用者が密に情報交換できるような空間にしたいなぁ、なんて思ってて。
おーそういえば、mixi、招待状あったよね。相当馴れ合いの世界と聞くが一丁試してみるか。と始めたのです。
相棒のマイケル社長と一緒に。

当時僕らの構想というのは、もう少し「価格コム」とかに近い評価口コミサイトを目指してまして、でも、もっと利用者同士で仲良くなれるやり方を模索していた訳です。

コメントがついたらすぐ自分のページで確認できる仕組みとか、簡単に返事が書けたり、お気に入りができたり。という仕組みを作ってみたのです。

で、見てみたら、全部mixiにあるじゃん。ありゃ。
うむー。ここからまた我々の挑戦が始まったのです。その後はmixiなどからヒントを得て、4月末にはフルスクラッチに近いリニューアルをすることになります。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

一方その頃mixiでは。

初日、ちょっと日記を書いてみたわけですよ。知り合いもいないし、それしかすること思いつかないし。
最初は日記、えー。そんなの書けないよなんて思って適当に書いたんですけどね。

翌日、マイケル社長が「おーコメントがついてるー!!!」なんつって。

おいおい何だよ抜け駆けかよ。

「どだっ!コメント2件ついたぞっ!」
「こっちはマイミクできたぞっ!」 (※ マイミクシィの略で要はmixiの中のお友達ですね)

「新着日記から来るんなら、暇な人の多そうな深夜がいんじゃね?」
「いやいや関係ねぇ。日記の質よ、質」

みたいな感じでね。冷静に・・・いや、つか、すんません。はまりました。
もうノリノリです。楽しい日記を書くのが生きがいぐらいに。

もしかして、こういうのミイラ取りがミイラ状態?

「いいの! 好きなんだよ!こういうのっ!」(逆切れ)

まぁでも、随分と理屈抜きに楽しませてもらってます。今でも。


mixiで知り合って実際にお会いした方もいますし、色々な意味で感謝してます。
また、正直なところ、mixiがなければ「オススメ!ブログの達人」の、紹介する方と必ず密にコンタクトを取るというスタイル、しかも早急に立ち上げるということはできなかったと思います。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

ちなみにmixiの日記では、僕ちょっと壊れかけです。こちらみたいなジェントルマンの面影なし。もうただのエロおやじ。どんなもんだい。

ってかまぁ、こっちでもジェントルマンじゃないすけど・・。


次回mixiとブログの違いについてオモウコトを語るのだー!
語りつくされてないか? 大丈夫か? でも書くのだー! おー!

追記:
こんなの書きました。

>> mixiとブログ(その1:機能編)
>> mixiとブログ(その2:活用編・考えること)
>> mixiとブログ(番外編:中毒症状に立ち向かえ!)


スポンサーサイト

« 7月10日の日記 | HOME |  7月14日の日記 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://pokoda.blog71.fc2.com/tb.php/15-7597e214

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

最近の記事とコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク集

RSSフィード

トラックワード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。