今までありがとー!
【お知らせ】2007年6月20日

活動の場をこちらに移しました。


ぽこ温泉

http://pokoonsen.blog109.fc2.com/


(お手数おかけしますが、リンクしていただいてる方はリンク先の変更をお願いいたします。)

スポンサーサイト

カテゴリ / スポンサー広告
--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アートな男

カテゴリ / 僕STORY
2006–07–09 (Sun) 17:42
今日の僕STORYは趣味の話です。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

僕は絵を描くことが好きです。
とはいっても専門的に描いたことは一度もなくて、ただ好きなだけですが。

小学校のときは本当に好きで、自分で漫画描いて皆に回したりして、将来は漫画家になんて思ってました。中学の頃も描いてたかな。そういやこの頃Gペンとか、インクとかスクリーントーンとか買ったりして、あ、なんか思い出してきた。結構やる気だったじゃんあの頃。ファンロードとかなんかオタク系の雑誌を買ったこともあって、うーん黒歴史だ。

まぁあしたのジョーで言うと、力石と出会い、明日のためにその1・・打つべし!打つべし!とかやってる頃ですね。希望に燃えています。

高校上がるぐらいから描かなくなりました。
入学して始めて話した奴に「部活入る?」とか聞かれて「うーん。漫研とかあったら入ろうかな」とか言ったらちょっと引き気味だったので、気の弱い僕(笑)は、即効危険回避して帰宅部になりました。

あしたのジョーでいうと、力石に負けた後フラフラして何もできなくなってしまった時代に相当します。絵に関しては。
その後は、麻雀したり、テニスサークルに入ったり(テニスしなかったけど)、競馬やったり、ゲームやったり、会社入ったり、結婚したりしてます。

しかし、満を持して、遂に2年前ぐらいに絵の世界に復帰します。絵のスクールに通ったんですね。
あしたのジョーでいうと、ゴロマキ権藤に出会い、一度復帰して快進撃を続けるところです。1年くらい通いました。

その頃の成果です。

ぽこだっちアート左はアクリル画です。(クリックすると全身が見られます。お嫌いな方はスルーで。)
キャンパスに描いた2作目で、写真を見ながら描きました。
先生に「これ皆引きませんかね」って聞いたら、「ぽこだっちさん、いいよこれ、芸術だよ」って言われたけど、職場のギャルズに普通に引かれました。薔薇が嫌だって(笑)えー。駄目じゃん先生。



ぽこだっちアート2ぽこだっちアート3

上2つはスクールではなくて家のPCで描きました。(クリックすると全体が見られます。右はちょっと見えるのでやはりお嫌いな方はスルーで。)
見本無しでどのくらいリアルに描けるかに挑戦した習作です。なかなか良く描けました。実はこれも全身あります。下がね、また、凄いんですけどね。見せれません。むふふ。



結局1年くらいでこの仕事をするためにスクールは休学しましたが、面白いもので、今みたいに全く絵に携われない生活をしていると、なんだかインスピレーションが湧いてきます。
良いテーマが浮かんでいるので(うふふ ♥ )次に復活するときは多分鮮烈です。
(あしたのジョーでいうところのカーロスリベラとの喧嘩試合のあたりですね)

ちなみに、下は、「オススメの達人」で使ったキャラクター「王様」(右・マイケル社長がモデルです/笑)と、キャラ争いに負けたギャルズに超不人気の「ぺろぺろワンこ」(左)。
王様ぺろわん


 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

さて、僕STORYは一旦終了です。僕の人格形成には、受験勉強とか、大学時代のサークルのこととか、前の会社のこととか、カラオケとか(笑)あるんでしょうけど、昔話はまたいずれ。

スポンサーサイト

« リアル七夕(こんな七夕は嫌だ) | HOME |  7月10日の日記 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://pokoda.blog71.fc2.com/tb.php/13-f8be641b

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

最近の記事とコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク集

RSSフィード

トラックワード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。